江戸川区で評判の「腰痛専門家」のいる整体院 腰痛・ぎっくり腰・足のしびれ・坐骨神経痛・ヘルニア・肩こり・頭痛・産後の骨盤矯正の専門院
整骨院鍼灸院ひかりホーム

花粉症・アレルギー性鼻炎の治療例

症例1

患者

50代 男性 江戸川区在住

来院

2016年2月

症状

花粉症の時期になると、鼻水、目のかゆみ、耳のかゆみ(右)が出現。もともとアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎があり1年中薬を飲んでいる。花粉症の辛さを減らしたいと思い、花粉が飛び始める前に受診。

花粉1

治療内容と経過

※花粉症・アレルギー性鼻炎は5回1セットの治療です。

≪1診目≫

 

頭部、顔面部、頚椎のゆがみを確認し内臓の状態も確認した。特に、前頭骨、蝶形骨、頚椎のゆがみが強く、薬を1年中使用しているため肝臓の疲労もたまっていた。

まずは、ゆがみを1つずつ整えていき、内臓のトリートメントもおこなった。治療最中に鼻詰まりが解消された。最後に腹部と足にシールをはり終了。

 

≪2診目≫

3日後に来院。2日ほどよかったが、今朝鼻詰まりがでた。今回は治療効果を高めるために、全身の整体も併用して治療をした。

 

≪3診目~≫

週2回のペースで治療を進め1セット目終了。薬を飲まなくても症状がほとんどでなくなった。朝の鼻詰まりが多少ある程度。

 

ゆがみが落ち着いてきたが、症状を再発させないようにするため週1回ペースで+2セット行い終了。

(整体も2週に一度のペースで併用)

今回の花粉症シーズンでは症状が出なかった。

同時に治療した症状

全身のゆがみの調整

主なリスティング、使用したツボ

前頭骨、鼻骨、篩骨、蝶形骨、副鼻腔(上顎洞)、C5,7ーPローテ、肝臓

ツボなし

考察

1年中アレルギー症状があるため薬を使用していること、頚部、顔面部のゆがみが強かったために症状が出現していたと推測。

ゆがみがあることで顔面の熱が体内に戻らず滞りアレルギー症状があきることがよくある。また、薬を使うことで肝臓にストレスがかかりアレルギー症状を悪化させていた。また、全身の治療も同時に行ったので症状の回復が早くなり、症状の出現を抑えられた。

  • 03-6661-4240
  • 東京都江戸川区東葛西2-5-2小林ビル1F
  • お問い合わせ
Twitter