江戸川区で評判の「腰痛専門家」のいる整体院 腰痛・ぎっくり腰・足のしびれ・坐骨神経痛・ヘルニア・肩こり・頭痛・産後の骨盤矯正の専門院
整骨院鍼灸院ひかりホーム

腰椎分離症・すべり症

腰椎分離症・すべり症とは

腰椎の椎弓という部分で骨の連続性が断たれてしまった状態を「腰椎分離症」と言います。10代のスポーツをしている子供に多く疲労骨折をしている場合が多いです。

分離症の中で、椎骨が前方にずれてしまう状態を「腰椎分離すべり症」といい、高齢者などで椎間板の老化により不安定になり椎骨が前方にずれてしまう状態を「腰椎変性すべり症」と言います。腰椎変性すべり症は女性に多く発症します。

原因

分離症は、先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものは生まれたときから椎弓の骨の部分の連続性が断たれている状態です。高度なすべり症になる場合も多く注意が必要になります。後天性のものは10代で過度にスポーツを行ったことにより繰り返し負担がかかり疲労骨折を起こしてしまい分離してしまうことが多いです。生活習慣の悪さも要因の一つと言われています。

分離すべり症は、分離症がある人で普段の生活で悪い姿勢や激しいスポーツ、重労働により筋肉の疲労や、運動不足などによって筋力が低下してくるのが原因です。変性すべり症は姿勢の悪さや骨密度の低下などにより変形や変性が起こるのが原因です。変性すべり症は女性に多く発症します。

症状

最も多い症状は腰痛です。分離症では腰を反らしたり左右にひねったりすることで鈍痛が出現し、腰が抜ける感じや腰が不安定な感じがある場合もあります。10代でスポーツをしていて腰が痛い場合、分離症を疑ってみてください。

すべり症は、長時間同じ姿勢や重労働、激しいスポーツにより思い鈍痛が出現し、腰を反らしたり前かがみになると痛み増強したりやツッパリ感が出たりします。またお尻から足にかけてしびれが出る(片側または両側)場合もあります。また、変性すべり症の場合、腰部脊柱管狭窄症の症状である、数分歩くと足に痛みが出現し、休むとなくなる「間欠性跛行」や会陰部しびれや膀胱直腸障害などが出現する場合もあります。

治療

10代前半の分離症で、急性期の場合コルセットをすることで骨癒合が見込める場合があります。その他の場合は軽度なものだと安静や薬物療法が一般的です。重度の場合や神経症状が進行している場合は手術をする場合もあります。

すべり症の場合は安静で改善がみられないものや神経症状が進行している場合は手術をします。

当院での治療

当院では症状を根本から取り除くための治療を行っております。腰椎分離症・すべり症では骨盤矯正や全身の調整などで筋肉の緊張を解消し、ゆがみのある骨格のバランスを正常な位置に整えることで、関節の安定性や神経の圧迫を取り除き症状を改善させていきます。場合によっては鍼灸を組み合わせていきます。

根本から原因を改善していくため、薬に頼ることなく改善していきます。

  • 03-6661-4240
  • 東京都江戸川区東葛西2-5-2小林ビル1F
  • お問い合わせ
Twitter