江戸川区で評判の「腰痛専門家」のいる整体院 腰痛・ぎっくり腰・足のしびれ・坐骨神経痛・ヘルニア・肩こり・頭痛・産後の骨盤矯正の専門院
整骨院鍼灸院ひかりホーム

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは

椎間板は椎骨という骨の間にあり、クッションの役割をしています。椎間板は外側の「線維輪」内側にはゼリー状の「髄核」という構造になっています。

椎間板ヘルニアは、椎間板の線維輪に亀裂が入り、中の髄核が飛び出して神経を圧迫してしまう状態です。

簡単にいうと「アンパンのパンから中のあんこが飛び出してきてしまった」状態です。

20代~40代の比較的若い人に多い疾患になります。

原因

ほとんどの場合、原因が一つではなく、いろいろな要因が重なり発症します。

基本的には生活習慣の悪い癖や食生活、過労、妊娠、喫煙などが影響していると考えられています。

症状

激しい腰痛や片方の下肢の痛みやしびれです。重度になると真っ直ぐ立てなくなったり、動くことができなくなる場合もあります。しびれや痛みは圧迫されている神経によって場所が異なります。神経の圧迫が強い場合、運動麻痺や歩行障害が生じ、神経根を完全に圧迫してしまうと運動麻痺の回復が困難になる場合もあります。

 

多くの場合、初期には腰痛のみで症状が悪化してくると下肢にしびれや痛みが加わってきます。基本的に症状は片側にしか出ませんが、ごくまれに両側に出る場合もあります。

治療

病院では、進行性の麻痺がみられない場合、安静やコルセット、薬などの保存療法を行い、麻痺が進行していたり排尿障害などが出現した場合や、痛みが全く軽減しない場合は手術療法を行います。

保存療法や手術療法でも根本の原因が解消されていないため再発してしまう場合もあります。

当院での治療

当院では症状を根本から取り除くための治療を行っております。椎間板ヘルニアでは骨盤矯正や全身の調整などで筋肉の緊張を解消し、ゆがみのある骨格のバランスを正常な位置に整えることで、神経の圧迫を取り除き症状を改善させていきます。場合によっては鍼灸を組み合わせていきます。

根本から原因を改善していくため、薬に頼ることなく改善していきます。

  • 03-6661-4240
  • 東京都江戸川区東葛西2-5-2小林ビル1F
  • お問い合わせ
Twitter