江戸川区で評判の「腰痛専門家」のいる整体院 腰痛・ぎっくり腰・足のしびれ・坐骨神経痛・ヘルニア・肩こり・頭痛・産後の骨盤矯正の専門院
整骨院鍼灸院ひかりホーム

腰痛・坐骨神経痛

腰痛・坐骨神経痛は改善できます。

あなたは腰痛や坐骨神経痛が治らないとあきらめていませんか?476110

当院では、痛い所を押したり揉んだり電気をかけたりなど一般的な治療は行いません。

このような治療だとすぐに元に戻ってしまい悩んでいる方が多く来院されます。

はっきりした症状があるにも関わらず病院では約8割が異常なしで「心因性の腰痛」と診断されることがあります。

 

ほとんどの腰痛・坐骨神経痛は腰自体に原因があるわけでなく、骨盤や足、首や内臓に根本的な原因あります。

その為、痛い所だけを検査しても異常は出てきませんし、本当の改善は見られません。

 

当院では、局所だけでなく全身の状態や内臓の状態などを観察し、多角的なアプローチをして短期間での根本的な改善を目指しています。

このような方におススメです

  • 根本から改善したい
  • 専門性の高い治療をうけたい
  • 痛いのが嫌い
  • 短期間で効果を実感したい
  • どこに行っても改善しない
  • バキボキしたくない

骨盤と腰痛の関係

当院では腰痛の専門家として様々な治療を追及してきました。そしてたどり着いたのが、骨盤と腰痛の関係性でした。骨盤は人体の土台となる大切な部分です。この骨盤がゆがみを起こすことで全身の筋肉バランスを崩し、筋肉にコリを起こしたり痛みを出したりします。

この骨盤のゆがみを根源に様々な骨格がゆがみ内臓に疲労も与えていきます。

 

当院では骨盤を中心とした骨格の歪み、内臓や精神・心の状態を正常にし根本から腰痛の改善目指しています。また、ゆがみを整えることでぎっくり腰などリスクも格段に下げることができます。

338cc2f8ac0ea0664c24a38991f56e3a_s

危険な腰痛

腰痛のなかには命にかかわる腰痛も存在します。

約95%は命に別状がない腰痛ですが、残りの1%~5%は重篤な問題(悪性腫瘍、脊椎感染症、骨折、解離性大動脈瘤、強直性脊椎炎、馬尾症候群など)に発展しているものがあります。

 

この命にかかわる腰痛の参考として「レッドフラッグ」というヨーロッパ腰痛ガイドラインがあります。

腰痛・坐骨神経痛が出る疾患

腰痛症

一般的に言われる「慢性腰痛」で、痛みが強くなったり軽くなったりを繰り返します。

特に原因となる病変がなく、下肢の症状を伴わない腰痛です。

ぎっくり腰

急に腰に痛みが走り動けなくなったなどを「ぎっくり腰」ということが多いです。

医学用語では「急性腰痛症」といいます。

症状は様々で、軽い腰痛程度のものから、動くことができないほどの激痛がある場合やしびれを伴う場合もあります。

腰部脊柱管狭窄症

腰椎にある脊柱管が狭くなって神経を圧迫されている状態のことを「腰部脊柱管狭窄症」といいます。

中高年に多く、下半身にしびれや痛み、歩行障害が伴うこともあります。

腰椎椎間板ヘルニア

腰部の椎体と椎体の間にあるクッションの役割をする「椎間板」の中の「髄核」が押し出され、脊柱管を通っている神経を圧迫している状態を「腰部椎間板ヘルニア」と言います。

比較的に若い年齢に多く、下半身にしびれや痛みを伴います。腰には痛みが出ることや出ないこともあります。

腰椎分離症・すべり症

腰椎の椎弓という部分で骨の連動性が断たれ、椎体と椎弓が離れてしまった状態を「腰椎分離症」と言います。また、分離症のなかで椎体が前方にずれてしまったものを「分離すべり症」といい、椎間板の老化により不安定になりずれてしまったものを「変性すべり症」といいます。

腰痛や下半身痛があり、歩行により下半身に痛みやしびれが出現することもあります。

梨状筋症候群

お尻にある梨状筋という筋肉が外傷やスポーツなどで負荷がかかり緊張し、筋肉の間を通る坐骨神経を圧迫することを「梨状筋症候群」と言います。

下半身の痛みやしびれを伴います。

 

患者様へお約束

約束

 

  • 03-6661-4240
  • 東京都江戸川区東葛西2-5-2小林ビル1F
  • お問い合わせ
Twitter