江戸川区で評判の葛西にある「腰痛専門家」のいる整体院 腰痛・ぎっくり腰・・坐骨神経痛・ヘルニア・肩こり・顔面神経通・頭痛・産後の骨盤矯正の専門院
整骨院鍼灸院ひかりホーム
オフィシャルブログ

逆効果な肩こり解消法

" 肩こり "

2016年8月12日

こんにちは。

 

江戸川区の葛西にある整骨院鍼灸院ひかり

院長の関口です。

 

肩コリについてはいろいろな解消法を紹介していますが、今回は逆に「やってはいけないこと」をチェックしておきたいと思います。

8043645a4bb319de838d80c7feee4377_s

 

肩コリになった方は自宅でどう対処しているのか、一般の方々にお聞きしました。

 

  • 自分で押してみる
  • 誰かにマッサージしてもらう
  • 市販のマッサージグッズを使って、筋肉をほぐす
  • 腰から肩甲骨の付近まで、子供に踏んでもらう
  • お風呂でゆっくり温まってみる
  • とりあえず、湿布や塗り薬でしのぐ

 

 

こうしてみると押したり、ほぐしたりといったことを試みる人が多いようです。
しかし、そこで問題が生じて、さらに症状が悪化しているケースも少なくはありません。

こり固まった筋肉を自分で強く揉みほぐしたり、誰かに「これは、硬すぎる!強めにマッサージしないとほぐれないよ」と痛みに耐えながらグリグリ押された場合、次のようなことが起こることがあります。

 

  • 翌朝、首が回らなくなった(振り向けない、頭を倒せないなど)
  • 肩こりの悪化
  • 押した部分に痛みがでてしまった
  • 筋肉痛のような状態で、体がこわばっているような気がする
  • 頭痛がする
  • 痛すぎて動けない

肩こりがひどい時や、こり固まった筋肉を発見すると、そこの部分を押したくなるという人もいるかと思います。
力を入れないと、こりが楽にならない気がして、ついつい強めにマッサージをしてしまうかもしれません。
しかし、強く揉めばコリが楽になるかというと、実はそうとは言い切れません。

それどころか、時間の経過と共に痛みが出てしまうケースも多々あります。
ご自身や身内同士などで、強く揉んだり圧したりする際には、くれぐれもご注意ください。

痛いと感じることを繰り返していると、体の力が抜けない場合が多く、かえって筋肉が硬くなってしまうことがあります。症状がつらい場合には、ぜひ早めにご相談ください。

 

 

あなたの「ひかり」輝く夢・希望を応援します!

この記事を書いた人
カテゴリー: 肩こり. タグ: , .
  • 03-6661-4240
  • 東京都江戸川区東葛西2-5-2小林ビル1F
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログトップ
  • ブログカレンダー
    2018年7月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 最新の記事
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
Twitter