江戸川区でどんな症状でも改善する整体院 腰痛・坐骨神経痛・肩こり・頭痛・産後の骨盤矯正はお任せ下さい!
整骨院鍼灸院ひかりホーム

【超簡単】巻き肩の治し方

" 健康情報, 未分類, 肩こり, 肩の痛み, 頭痛 "

2022年2月7日

あなたは巻き肩ではありませんか??

 

最近、肩がこるな…

頭痛がいつもある…

猫背になったきた…

 

こんにちは。
江戸川区の葛西にある痛み・しびれ専門
「カラダ改善のエキスパート」のいる整体院 整骨院鍼灸院ひかり院長の関口です。

 

今回は、「巻き肩の治し方」についてお話していきます。

巻き肩とは

巻き肩とは、肩甲骨が外に開いていき、肩ごと胸の方に引っ張られて丸まっている状態。

パソコンを打つような腕の姿勢を長時間している方になりやすいです。

 

肩こりの予防のためには正しい姿勢が大切とよく言いますが、意識していない時も正しい姿勢を維持するのはとても難しい事です。

 

特に、肩が内側に入ってしまう「巻き肩」の人は、無意識ではほぼ無理でしょう。

巻き肩の改善方法

そんな巻き肩の改善方法は、胸の筋肉を緩めて伸ばし、同時に肩甲骨を動きやすくして元の位置に戻してあげるストレッチが必要です。

 

巻き肩改善その1

タオルを使います。

 

フェイスタオルの両端を持ち、両腕を頭の上に伸ばしタオルをピーンと張ります。

そのまま、腕を曲げタオルが頭の後ろを通って肩のラインにくるまで下げましょう。

 

この時、タオルが頭に触れないように腕を出来るだけ後ろに引くのがポイントです。

 

下げたまま5秒間キープして戻す。

これを3~5回繰り返す。

 

巻き肩改善その2

片方の手で壁の柱や角を掴みます。

この時、腕を斜め45度くらい上に伸ばして掴むのがポイント。

 

角を掴んだまま、掴んだ方の胸からわきの筋肉を伸ばすように、上半身を壁の逆側にひねります。

ひねったまま5秒間キープして戻す。

これを3~5回繰り返す。

 

逆の腕も同様に行ってください。

 

 

以上、巻き肩改善の方法を2つお伝えしました。

このストレッチを毎日行って、ぜひ巻き肩を改善してください。

 

ストレッチするよりも早く巻き肩を治したい。

ストレッチが出来ない。

などお困りでしたら、当院にご相談ください。

 

公式ホームページ↓↓↓↓↓

ホーム

 

ご予約フォーム↓↓↓↓↓

https://rsv.ekiten.jp/shop_57704594/?rsv=1

 

この記事を書いた人
カテゴリー: 健康情報, 未分類, 肩こり, 肩の痛み, 頭痛.
  • ブログトップ
    ブログトップ
  • ブログカレンダー
    2022年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 最新の記事
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
Twitter