江戸川区で満足度NO1の葛西にある整体院 腰痛・坐骨神経痛・肩こり・頭痛・産後の骨盤矯正はお任せ下さい!
整骨院鍼灸院ひかりホーム
オフィシャルブログ

脊柱管狭窄症の原因と治療法

" 坐骨神経痛, 腰痛 "

2016年10月6日

こんにちは!

 

江戸川区の葛西にある整骨院鍼灸院ひかり

院長の関口です。

 

脊柱管狭窄症という病名を聞いたことはありますか?近年、高齢化によって増加しているようです。

 

今日は、腰部脊柱管狭窄症についてご紹介していきます。

 

脊柱管とは?

脊柱管とは背骨の真ん中を通っている空間のことを言います。背骨は椎骨という骨が積み重なってできています。その椎骨は、椎体と椎弓からなり、その間の空間が脊柱管となります。この中に、脊髄という大切な神経が走っています。この脊柱管からいろんなところへ神経を枝分かれさせているのです。

腰部脊柱管狭窄症の原因は?

脊柱管狭窄症は生まれつき狭い先天性のものがありますが、ほとんどの場合、背骨が変形している変形性脊椎症だったり、腰椎すべり症黄色靭帯の肥厚が原因だったりします。これにより脊柱管が狭くなり神経を圧迫してしまい腰痛や下肢のシビレなど様々な症状がおこります。

276913

こんな人は注意!

高齢者に多い疾患になりますが、過去に重労働重い荷物をもつ仕事をしていたり、若い時に腰痛があったり、長時間運転をしていたひとは注意が必要です。

女性はすべり症になりやすいので違和感があったら早めに対処した方が良いでしょう。

腰部脊柱管狭窄症の症状

  • 腰痛
  • 腰回りの重だるさ
  • 腰の違和感
  • 腰の張り感
  • ももの緊張
  • 脚のしびれ
  • 歩行障害(間欠性跛行)

重症になると

  • 排尿障害
  • 便秘
  • 灼熱感(会陰部)

などがあります。腰痛がなく足の症状だけという場合もあります。

※間欠性跛行:安静時は何ともないが長時間あること足のしびれや痛みがでて歩けなくなり、前かがみで休んでいるとまた歩けるようになる。

治療法は?

基本的には消炎鎮痛剤などの薬や牽引、神経ブロックなどの保存療法になってきますが、重症の場合は手術をすることもあります。

図1

当院では、腰や足の痛みやシビレを出している原因を全身から検査し治療をしていきます。脊柱管狭窄症でも症状がまったくでない人も中にはいます。ですので、原因を正確に見つけることができれば症状を改善させることは可能ですので安心してください。手術が必要といわれた患者さんでも手術を回避できることもありますのであきらめず、一度ご相談ください。

 

あなたの「ひかり」輝く夢・希望を応援します

この記事を書いた人
カテゴリー: 坐骨神経痛, 腰痛. タグ: .
  • 03-6661-4240
  • 東京都江戸川区東葛西2-5-2小林ビル1F
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログトップ
  • ブログカレンダー
    2018年11月
    « 8月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 最新の記事
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
Twitter