江戸川区で評判の「腰痛専門家」のいる整体院 腰痛・ぎっくり腰・・坐骨神経痛・ヘルニア・肩こり・顔面神経通・頭痛・産後の骨盤矯正の専門院
整骨院鍼灸院ひかりホーム
オフィシャルブログ

腰痛・椎間板ヘルニアを改善させる生活習慣~立ち方編~

" 健康情報, 椎間板ヘルニア, 腰痛 "

2017年3月21日

こんにちは。

 

江戸川区の葛西にある腰痛(ぎっくり腰・椎間板ヘルニア)・坐骨神経痛専門

「腰痛専門家」のいる整体院 整骨院鍼灸院ひかり院長の関口です。

 

桜が少しずつ咲いてきました。この時期、進学・転勤・異動などで生活環境が変わりストレスで腰痛や頭痛などが起きやすくなります。

ひどくなる前にしっかりとケアしましょう。

 

前回は腰痛や椎間板ヘルニアをより早く改善させるための生活習慣~座り方編~をご紹介しました。

実践してみましたか?

まだ、ご覧になっていない方はこちらからご覧になってください。

普段、猫背になっていないかなど姿勢を気にしている人も多いかもしれません。ですが、ほとんどの人の立ち姿勢は間違っていることが多いです。

立ち方を正しい姿勢に変えることで日常生活における身体への負担を軽減させることができます。

今から改善したほうがいい立ち方

次のような立ち方をしている人は注意が必要です!

  • どちらか片方の足に重心をかけている
  • 膝が伸びきっていない
  • お腹が前に突き出ている
  • 壁に背中を付けたとき腰に空間があく
  • 猫背を改善させようと背中を反らしている
  • 足をクロスさせて立っている
  • 腰を反らしすぎている
  • 背中が丸まりすぎている

1つでも当てはまった場合はすでに腰痛や椎間板ヘルニアがあるか、腰痛や椎間板ヘルニア予備軍です。

310455

腰に負担のかからない立ち方

まずは鏡(全身が見える方が良い)の前で立ち方を確認します。

立つときに気を付けるポイントは足から頭までがまっすぐになることです。

横から見た時、外くるぶし~股関節~腕~肩~耳~頭の頂点が一直線になるように立ちます。

そうすることで、膝が伸び、腰が反りすぎず、背中が丸まらず、首が前にでないきれいな立ち方になります。

前から見たときは、左右の腰の位置、肩の位置を合せ、首のまっすぐにします。首をまっすぐにすると目線が傾いて見える場合がありますが気にしないでください。

 

気を付けて立っていても間違った立ち方になっていることもありますので定期的に鏡などでチェックしておきましょう。気付かないうちに身体に負担をかけて突然ぎっくり腰になったり、椎間板ヘルニアになってしまう恐れもあります。

生活習慣を見直すのは腰痛などの予防や改善の第一歩です。

 

LINE@公式アカウント始めました。

健康情報などいろいろ配信しています。

是非登録してください。

友だち追加

あなたの「ひかり」輝く夢・希望を応援します!

この記事を書いた人
カテゴリー: 健康情報, 椎間板ヘルニア, 腰痛.
  • 03-6661-4240
  • 東京都江戸川区東葛西2-5-2小林ビル1F
  • お問い合わせ
  • ブログトップ
    ブログトップ
  • ブログカレンダー
    2018年5月
    « 2月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 最新の記事
  • ブログカテゴリー
  • ブログアーカイブ
Twitter